最近思うんだけど

 私は、冗句が好きなんだけど、冗談ばっかり言ってると、世の中には、本気でバカにする人がいるんだなーって事がわかってきた。冗談は、バカにしない人と一緒に楽しまなキャ、もったいないな。バカにするとうな、人とは、付き合わない事が、一番だ。皆さんもそうしてください。あなたメッセージで自分をおとしめたり、攻撃してくる人とは、付き合う事はないんじゃないでしょうか?そんな人からは、執着する事なく、避難しましょう!!!
[PR]

# by Swingmasa | 2016-01-04 18:31 | アイデンティティ

父のことー続き あれから

 あれから、だいぶたっだな。続きは、やはりNew Yorkにいるときぐらいしかかけない。

 それで、父なんだげど、今、だいぶ、体調悪くなってきた。いよいよ、残された時間が、最終ラウンドにはいってきたなという感じがする。
 どう?って体調のこと聞いたら、あんまりよくないな。。しんどい。体全体がだるいっていう。
 つらい。。。身体一生懸命さする。足裏マッサージする。思いつくあらゆることを、毎日少しずつ時間をつくって、病院に通う毎日になってきた。
 今、一週間だけ、New Yorkにかえってきた。でも、父のことを思うときがきではない。早く飛んで帰りたい!ずーっと側にいたい。そして、おもいきり看病したい。

 どこまで書いたか、、、、、そうそう、両親が、New Yorkの私に会いに来るとこまでは、書いたかな。あれ何年まえになるのかな。もう、十何年も前のことになる。懐かしいな。。。
 初めて、両親が二人で、パスポートとって、New Yorkの私に会いに来た。友達へのお土産もいっぱい持って。
 二人がついたのは、 だーいぶ前だったが、私が、二人がどこについたのか見つけられず、二人は、町くだびれ、疲れはてていた。サンフランシスコで乗り換えて、国内線になっていたのを、私が、気づかずに、国際線ばかり探していたから、見つけられなかった。
 でも、二人は、私に見つけられるまで、ずーっとそこを動かず、何時間も何時間も待ってくれていた。英語もしゃべれないし、そうするしかなかったようだ。
 かわいそうなことをしたが、再会は、わたしに対する、父の怒りから始まったが、何故か、直ぐにおさまった。
 この両親が私に会いに来てくれた事件を境に私たちの関係は、大きく変わっていった。

 この事は、人にも話した事があるが、ずーっと受けていたカウンセラーを囲んで、家族カウンセリングを受けたのが、大きかった。3週間いた滞在期間中3回行った。最初の2回は、母と二人で。3回目にやっと父と一緒に3人で受ける事ができた。
 この3回目のカウンセリングが、あって本当に良かった。3回目は、お父さんに喋ってもらいましょうとカウンセラーが話をふり、父は、口を開いた。
 父はずっと、カウンセリングに行くと自分が責められるんじゃないかと思い込んでいたようだ。けれど、それは、全然違う。父の勝手な思い込み。
 口を開いた父の話は、お爺ちゃんとの舅と婿の話だった。本当にかなりのストレスだったようで、父は、私の生まれる前に一度、父の実家に帰った事があるようだ!!!そんな、話、その時まで全然知らんかった。その時、帰ったきりかえって来なかったら、私は、生まれてなかった。一番上の、ネーチャンだけか。。。。。そいでもって、田舎のお爺ちゃんとおばあちゃんとこから、離れ、都会の新世界あたり、つまり、父の生まれ故郷で、やり直ししたらしい。
 この話に、私は、びっくりたまげた。
 二番目のネーちゃんは、大阪市内育ちか。。。
そして、じーさん、ばーさんが歳いって畑でけへんようになったので、また、田舎に戻り、私が産まれたみたい。
 でも、おじーちゃんとの関係は良くなるわけでもなく、また、ストレスの日々が始まったらしいが、一緒に共同作業で野良仕事する事なくなったらしいので、前よりましだったのかな。。。
 だけど、私の小さいころ、父は、いつも、胃潰瘍を患っていて、入退院を繰り返していたので、多分身体に来るぐらい関係まずかったと思う。
 今だから、分かる事なんだけど、お爺ちゃんが、死んでから、お父さんの胃潰瘍は、ピタッと治った。
 私は、お爺ちゃんとお父さんが、仲悪そうにしてたら、いつもお爺ちゃんについていた。
 訳の分かってない子供なのになんで、お爺ちゃんだったんだろう?お爺ちゃんの方が、正しい感じがした。これってなんだろう?いや、子供ながら、お父さんが、子供に見えた。
 それと、なんか、ヘラヘラして、人を笑かす冗談ばっかりいって、どっかで、子供ながらにこの人をバカにしていたと思う。
 ところが、この家族カウンセリング受けて分かった事だが、家の中で、決定権もない父ができる事は、3枚目になって周りを笑かす事しか出来なかったようだ。
 そういう父を、本気でバカにするなんて、なんて失礼な子だったんだろう。
 私が、ダジャレとか好きなのも、父譲りかもしれない。落語とか聞くの好きだったし。

それから、私は、父という人の見方がガラーッと180度変わった。
なんて、辛抱強い人なんだろうって。うちの両親は、二人とも本当に辛抱強い人たちだ。そこの部分は、凄く尊敬している。
 つい最近までは、会いに行くたびに、満面の笑みを浮かべて、私を迎えてくれる父だった。私は、その父の笑顔を見るたびに、ほんわかした気持ちになり、救われた。
 でも今は、その父にあの笑顔がなかなか戻らない。しんどいんだ。体調悪いんだ。
 父は、自分でも、とても、健康に気を使う人で、今まで、3回癌の宣告を受け、2回手術した、そしてその度に、玄米のおかゆを自分で炊き、黒豆や、ひじきを入れて、自然食療法で読んだ食事療法をやっていた。家の中で、ひとり、自分で自分の食べる分をつくって食べていた。他の人の分もつくって。なんと、フェミニストなことか。
 私は、少しも偉そうにする事がなかった、父を尊敬している。この人の娘に生まれてきてよかったなって、心から思う。
 どうか、1日でも、長生きしてほしい。残された父との時間ー大事にするぞー!!!!!!
 
 
[PR]

# by Swingmasa | 2016-01-04 18:14 | アイデンティティ

父のことー続き あれから

 あれから、だいぶたっだな。続きは、やはりNew Yorkにいるときぐらいしかかけない。

 それで、父なんだげど、今、だいぶ、体調悪くなってきた。いよいよ、残された時間が、最終ラウンドにはいってきたなという感じがする。
 どう?って体調のこと聞いたら、あんまりよくないな。。しんどい。体全体がだるいっていう。
 つらい。。。身体一生懸命さする。足裏マッサージする。思いつくあらゆることを、毎日少しずつ時間をつくって、病院に通う毎日になってきた。
 今、一週間だけ、New Yorkにかえってきた。でも、父のことを思うときがきではない。早く飛んで帰りたい!ずーっと側にいたい。そして、おもいきり看病したい。

 どこまで書いたか、、、、、そうそう、両親が、New Yorkの私に会いに来るとこまでは、書いたかな。あれ何年まえになるのかな。もう、十何年も前のことになる。懐かしいな。。。
 初めて、両親が二人で、パスポートとって、New Yorkの私に会いに来た。友達へのお土産もいっぱい持って。
 二人がついたのは、 だーいぶ前だったが、私が、二人がどこについたのか見つけられず、二人は、待ちくだびれ、疲れはてていた。サンフランシスコで乗り換えて、国内線になっていたのを、私が、気づかずに、国際線ばかり探していたから、見つけられなかった。
 でも、二人は、私に見つけられるまで、ずーっとそこを動かず、何時間も何時間も待ってくれていた。英語もしゃべれないし、そうするしかなかったようだ。
 かわいそうなことをしたが、再会は、わたしに対する、父の怒りから始まったが、何故か、直ぐにおさまった。
 この両親が私に会いに来てくれた事件を境に私たちの関係は、大きく変わっていった。

 この事は、人にも話した事があるが、ずーっと受けていたカウンセラーを囲んで、家族カウンセリングを受けたのが、大きかった。3週間いた滞在期間中3回行った。最初の2回は、母と二人で。3回目にやっと父と一緒に3人で受ける事ができた。
 この3回目のカウンセリングが、あって本当に良かった。3回目は、お父さんに喋ってもらいましょうとカウンセラーが話をふり、父は、口を開いた。
 父はずっと、カウンセリングに行くと自分が責められるんじゃないかと思い込んでいたようだ。けれど、それは、全然違う。父の勝手な思い込み。
 口を開いた父の話は、お爺ちゃんとの舅と婿の話だった。本当にかなりのストレスだったようで、父は、私の生まれる前に一度、父の実家に帰った事があるようだ!!!そんな、話、その時まで全然知らんかった。その時、帰ったきりかえって来なかったら、私は、生まれてなかった。一番上の、ネーチャンだけか。。。。。そいでもって、田舎のお爺ちゃんとおばあちゃんとこから、離れ、都会の新世界あたり、つまり、父の生まれ故郷で、やり直ししたらしい。
 この話に、私は、びっくりたまげた。
 二番目のネーちゃんは、大阪市内育ちか。。。
そして、じーさん、ばーさんが歳いって畑でけへんようになったので、また、田舎に戻り、私が産まれたみたい。
 でも、おじーちゃんとの関係は良くなるわけでもなく、また、ストレスの日々が始まったらしいが、一緒に共同作業で野良仕事する事なくなったらしいので、前よりましだったのかな。。。
 だけど、私の小さいころ、父は、いつも、胃潰瘍を患っていて、入退院を繰り返していたので、多分身体に来るぐらい関係まずかったと思う。
 今だから、分かる事なんだけど、お爺ちゃんが、死んでから、お父さんの胃潰瘍は、ピタッと治った。
 私は、お爺ちゃんとお父さんが、仲悪そうにしてたら、いつもお爺ちゃんについていた。
 訳の分かってない子供なのになんで、お爺ちゃんだったんだろう?お爺ちゃんの方が、正しい感じがした。これってなんだろう?いや、子供ながら、お父さんが、子供に見えた。
 それと、なんか、ヘラヘラして、人を笑かす冗談ばっかりいって、どっかで、子供ながらにこの人をバカにしていたと思う。
 ところが、この家族カウンセリング受けて分かった事だが、家の中で、決定権もない父ができる事は、3枚目になって周りを笑かす事しか出来なかったようだ。
 そういう父を、本気でバカにするなんて、なんて失礼な子だったんだろう。
 私が、ダジャレとか好きなのも、父譲りかもしれない。落語とか聞くの好きだったし。

それから、私は、父という人の見方がガラーッと180度変わった。
なんて、辛抱強い人なんだろうって。うちの両親は、二人とも本当に辛抱強い人たちだ。そこの部分は、凄く尊敬している。
 つい最近までは、会いに行くたびに、満面の笑みを浮かべて、私を迎えてくれる父だった。私は、その父の笑顔を見るたびに、ほんわかした気持ちになり、救われた。
 でも今は、その父にあの笑顔がなかなか戻らない。しんどいんだ。体調悪いんだ。
 父は、自分でも、とても、健康に気を使う人で、今まで、3回癌の宣告を受け、2回手術した、そしてその度に、玄米のおかゆを自分で炊き、黒豆や、ひじきを入れて、自然食療法で読んだ食事療法をやっていた。家の中で、ひとり、自分で自分の食べる分をつくって食べていた。他の人の分もつくって。なんと、フェミニストなことか。
 私は、少しも偉そうにする事がなかった、父を尊敬している。この人の娘に生まれてきてよかったなって、心から思う。
 どうか、1日でも、長生きしてほしい。残された父との時間ー大事にするぞー!!!!!!
 
 
[PR]

# by Swingmasa | 2016-01-04 18:14 | アイデンティティ

face book や twitterが出来てから

 face book や twitter の使い勝手の良さから、どんどんこのブログからは、離れてきた。同時に、自分のHPに至っては、何年間もとまったまま。更新はしてない。基本的の事さえ書いてたら、そんなに、更新つったってスケジュールぐらいだし、それも、face bookの方が、使い勝手がよい。
 で、どんどん立ち寄る事が、なくなった。ここに、来なくなると長い文章を書かなくなる傾向がある気がしてきた。短く、簡単明瞭にって、常にツイート感覚。これって、発達障害の人にもわかりやすくていいかもしれない。
 今、New Yorkにいる。
 以前、私が育った、家族についてアイデンティティーとして、書いた事があったが、それを今回、更に勧めていきたい。
 やはり、父の事をしっかり書いておきたいと思った。9月4日に日本を出てきて、その際、最後に「チョットNew Yorkいってくるよ』っていいにあいにいったのだが、実家には、父も母もおらず、一目会いたかったのに、会えずに来たから、なおさら、父への思いはつのる。
 今、92歳かな?多分。 私が、この世の中で、一番愛している男性で、そりゃーもう、コルトレーンより、好きです!って、はっきり、いえる。
 そして、そんな風に感じれるまで、長生きしてくれてる父に感謝する。

でも、長い間、冷戦時代があった。
だいだい、父という人は、私の夢にいちゃもんつけるためにいる人かなとずーっと思ってた。
コミュニケーションは成立しない、会話は、喧嘩。こういう事を繰り返していると、次第に誰でもそうでしょ。離れていく。
 今、私は、自身のひきこもり癖と向き合い、ひきこもり問題に取り組んでいるが、当時私は、自分の家に、自分の居場所を見つける事が出来なかった。
 家の中ほど、しんどい場所はなかった。しかし、学校なんて、面白いもんでもなく、悩みを打ちあける友もなく、中学時代はひたすらサックスばっかり吹いていた。
 ちょうど、その頃かなぁ。小学校6年の時に、一番上の姉が嫁いで行った。それはそれは、絢爛豪華な嫁入り道具をしつらえて、持って行きやった。あの時、うちの家破産するん違うやろかと心配で心配でしかたなかった。一番上の姉もトコトン親に金遣わすセテロ女やな!そして、この豪華な、嫁入り道具は、私の番には絶対与えられないと私は読んだ。
 あの嫁入り関連のイベントほんまにめいわくやったな〜。猫チャンは、蔵に押し込められるし。かわいそやった。はよ終わったらいいのに、とどんなけ屈辱的だったか、思い出すのも嫌気がさす。
 それから、中学校になり、吹奏楽部に入ってサックスに出会い、ぼっとうし、面白くないが、サックスだけは、おもしろかった時代があり。高校か。
 二番目の姉が結婚したのは、何年だったんだろう?
 多分そのあたり、今度は、姉婿ある人が、家族の中に入ってきた。
 この人に関しては、家族全員、揚げ殿末殿、とにかく祭り上げ、何故か、この人の食卓の席は、父を差し押さえて、上座だった。
 やっと、父が登場してきた。なんで、父は、この娘婿に自分の席を譲ってまで大事にこの人をしたかというと、自分が婿養子で辛い思いをしてきたかららしい。そんなことは、この時の私には、まだわからなかった。
 私は、父のことを人間的には、何も尊敬していなかった。
 いつも、冗談ばっかり言って、人を笑かして、この人の頭の中には、そんなことくらいしかないのかなとおもっていた。

 小学校何年生の頃だったろう。あれは、3年か、4年ぐらいか。父は、大きな失敗をしたことがる。
 その大きさは、大人になってから、わかったのだが、ある父の土地にマンションを建てることを計画し、大杉建設ってところに委託した。子供ながらに覚えている。ところが、うちのマンションの建設途中で大杉建設が倒産してしまい、父が支払った費用が全て水の泡になった。父が悪いわけじゃないんだけど、父と母は、この自体をなんとかせねばならなかった。私は、この時、一緒に連れて行ってもらい、母と一緒に、屋上の給水タンクもっていかれないか、工事現場でとまってみはるというのを、親子3人でやり、アドベンチャーファミリーみたいやなーとかんじながら、めーっちゃ楽しんだ。

 父のことを書こうとしているのに、ついつい、父の事が後ろに回ってくる。
 私の父とは、そんな人なのだ。とっても控えめな男で、謙虚のかたまりだ。

父の若かった頃、、、父はどんな風にして育ったのだろうか?
うちの両親は、いとこ同士だ。父は、父の母の実家に、婿養子としてもらわれていった感じだ。
だから、お盆の墓参りの時、いつも実家にきていて、母も知ってただろう。
私は、知らない、曾おじいさんに、みかん山とか連れていってもらったりしてたみたいだ。
だけど、父の母は、病気がちで、結構寝込んでいる事が多い人だったらしい。
逆に、男の子は父を入れて3人、父はその中の2番目。父のお父さんは、よく子供たちを叱りつけてたみたいで、今でいう、DV夫だったんじゃないかな。多分、昔の事だし、父の母がいつも調子悪かったのは、夫の暴力が原因だったのではないかと思う。
 そういう意味では、私のお父さんは、十分な愛情を得て育ったわけじゃないのだなと可哀相に思う。

そして、青春時代は、戦争。満州か帰還した。父は、衛生兵だった。戦争の話はいつも聞かされて育った。
 私には、耳にタコだが、戦争の話は、とても重要で、父の話は生き証人の話だ。
 戦争の話になると、いつも、昨日の事のように蘇ってくるようだ。
何回もしてくれた話で、現地で、中国人の子供の傷口を消毒して手当てしてあげてたのかな。その子供が、自分に、お礼にと豆持ってきてくれて、その子に感動して泣いてたらしい。自分が食っていくのも大変な戦場のそんな中で、自分にお礼と言って持ってきてくれたって。中国人って心が温かいと感じたらしい。
 あと、現地の女性を犯した事あるかみたいな、単刀直入に聞いた事があったが、あ、この人は、そういう事が、出来ない人だというのが、よくわかった。つまり、お母ちゃんと結婚してからはうちのうちのお母ちゃんだけっていうか、絵で書いたような結婚感の人だ。
 まあ、どっちにしろ、私の生まれる前の話。お父さんは、新世界で育ったんだよ! 新世界のSwing MASA Jazz Houseがなんであるかって、実家は、喜志だけど、育ちは、新世界。恵美小学校出身、今宮中学校出身なんです。
 お父さんの人生を書くのは、長いな。もっっと書きたい事がある。けど、今日は、これで、寝る。
 そんな父に、電話して、New Yorkにきてみいひんかって電話した事があった。
 いつも、おかーちゃんに変わるから、いやいや、お父さんに言ってるのよ。New Yorkにきーひん?

それから、父は、一週間で、パスポートを手配し、二週間目にはNY行きのチケットを購入していた。この時も、まだまだ、私と父の会話はうまくいってなかった。。。。
だけど、父は、New Yorkにずっーと長い間私に呼ばれるのを待っていたかのように、すぐに飛んできたのだ。

つづく
 
 
[PR]

# by Swingmasa | 2015-09-09 15:21 | アイデンティティ

あれから

 またずーいぶん長い事ブログにログインしなかったが、ひとつ前の記事をみたら、杉山兄弟猫の子孫写真がアップされてあった。こんなにちっちゃかったなんて。。。今は、もっと大きくなって、ちょっと大人猫の顔になってかわいげなくなってきたな。。こーんな可愛かったなんて、本人にみせてやりたいな。お前達こんなかわいかったんだよ〜って。本当にまだ、小さくて、乳離れしてなくて、お乳から、スタートしたもんな。。すごーい大きくなったもんだ!なーんか目細めて、だーいぶ違うなーあの頃と。。
d0056271_1853365.jpg

d0056271_18564642.jpg

[PR]

# by swingmasa | 2014-09-28 19:03 | あれから

つぶやき

 こんなに、長い間、ブログのログインしなかったのは、えらいこっちゃです。ブログ持ってる意味、あんのかねって思う。しかし、最近、もっぱら、facebookbばっかやって、そっちを自分の近況報告ツールにしてる。いっそ、facebookでつぶやいたら、こっちにも反映されるようになったらいいんだけどな。。。こっちからは、あっちにいくのにな。。。きょうは、外は暑そーだ。朝、8時になってやっと眠くなった。さてこれから、どーするか。時差ぼけ真っ最中。ぼけぼけ。寝るか、我慢して、何かかつどーして夜まで待つか、人生の分かれ道。やっぱ、眠かったら、何もできんわ。ちょっと仮眠しょう。今日は、インコピックアップせななん。蛍も見に行きたいし。しかし、お休み、私。
d0056271_811376.jpg

[PR]

# by swingmasa | 2014-06-15 08:12 | 近況

ああ、もう、大晦日

 もう、大晦日になってしまった。早かったかな。。。
この一年、本当にいろんな事があった。
 ネットバンドなるものを始めたお陰で、今迄とは、違う層の若者たちと、出会った一年だった。
 彼らとの付き合いの中で、私こそが、どうしようもない、スーパーネガティブウーマンのひきこもりおばさんである事を、自覚した。しかも、アスペルガー度の高い。
 しかし、そもそも、ひきこもりやニートという言葉は、決して、当事者から、発せられたネーミングではないと思う。私は、この、ひきこもりやニートという言葉を聞くたびに、ぐさぐさと自分自身の事をネガティブにネーミングされてるようで、イヤーな気分になる。
 なんか、もっと、違う言い方ないのかしらと思う。
私のような、ミュージシャンって生活不安定だし、人間関係が苦手だと話にならない。で、私は、その話にならない、どーしようもない、まずい存在なのだ。
 誰か、私をなんとかしてくれーって叫びたい。もう、泣きたいんだから、本当に。
 ほとんどのひきこもり•ニートの支援というのは、若者対象で、こんな中年おばさん、支援なんかしてもらえない。それも、支援というのの方向は、決まって、就労支援で、私のように、既にミュージシャンで、それをやっていて、せやけど、食っていけないなんつう支援はない。
  私、思うに、ミュージシャンで、食っていけてんのは、ほんの一握りだと思うので、生活困難者、貧困指数は、めっちゃ高いと思う。ライブがなければ、ひきこもり、ニートだ。
 2足のわらじをはける人は、ある意味そういう才能の持ち主だと思う。
 それでも、なんとか、2足のわらじをはこうと、今年、ヨガのインストラクターの資格とった。
 私のような、中途半端な人間は、めっちゃサバイブがむつかしい。
本人のやる気一筋って感じで、いっつも自家発電してやんなあかん。
やる気は、時々、燃えついて、燃料切れになる。燃料充電誰かしてくれー!!!
 私は、私のくだけた心を、私はどう立て直したらいいかわからず、ただ、泣くしか無い時ある。幸い、一人暮らしなので、人に悟られる事も無く、一人、布団にくるまって、泣くからしんどいのか、しんどいから泣くのかわからないまま、寝る。
寝るっていいな。。寝てる間、しんどいことないから。
くっらー!!暗いやんけ、私。寒いし、暗いし。ひとりやし。
一人は、楽し!やめられん!って感じて生きて来たのに、どうも、前みたいになれん!
 
 でも、そんな時、たいがい、楽しかったときの事を忘れてしまっている。
私が、しんどがったら、ありがたい事に、いつも、FaceBookで誰かが、気をつかってくれて、なぐさめてくれる。今年は、これに、本当に何回も助けられた。
 私は、多分、今日も明日も、何かいい事無いかなーって、自分を機嫌を良くするものを探し求めて、心の旅をすると思う。明日も、いいこと起こってほしい。
 私を、落ち込ませるような事、どうか、起こらないでほしいと念じる。
 
今、こころの平和が、ほしい。Peace of Mind!
今の私が、一番欲している事だ。

大晦日は嫌だ。早く平日になってほしい。個人が個人いられて、それで、充分楽しく感じられる、社会の価値観がふつーになってほしい。ひとりが、生きる基本なのに、一人でいる事が、寂しく感じさせられる社会の体制がしんどい。一人でいる事に不安を感じさせられたり、心細く感じさせられる社会は、嫌だ、嫌だ、嫌だ!!!いやーだ!!!

 ところで、明日は、大晦日、蕎麦打ち会なるものを、ぶっ放した!
大晦日、一人、嫌だなって思ったから。
しかし、よーく考えたら、蕎麦打ち会終わったあと、みんな、さーっと帰らはるので、にぎやかの後、どわーっと寂しくなり、フツーに一人で、すごすより、一人感が、ます気がしてきて、こりゃまた、ミスったなーと思ってる。夜になったら、釜の越冬でもいこうかな。。
 疲れて、寝る気になったら、それもいいかな。それとも、嶽山に初日の出でも見に行こうかな。
なんか、自分を楽しませる事やらんと、寂しがり虫出て来たら、元旦早々いやや。
 新年から、Good Morning Heartache なんて、苦すぎる。。。
私の恋人
d0056271_1523478.jpg

大晦日蕎麦打ち会の準備
d0056271_1494920.jpg

[PR]

# by swingmasa | 2013-12-31 01:55 | ひとりごと

Swing MASA 猫町 Jazz 横町ライブ

 なんとか無事に終わった。
今日は、朝、ゆっくりおきて、車がぱんくしていて、パニックるところから始まった。
長い間、自動車乗ってるが、タイヤ、パンクしたのは初めてだ!!!
一個目に行った修理屋さんが、タイヤ観へ行った方がいいと教えてくれ、ジョーシンの隣のタイヤ館に行った。簡単に取り替えてくれるのかと思いきや、待ち時間3時間!!!
一旦自宅に帰る事にしたが、久々、金剛バスに乗った!
車で移動しない人の感じが、だいぶ想像できた。
しっかし、メチャ不便。わたしゃ、車がないと、行きていけんバイ!!!
ピックアップも、又、金剛バスに乗って富田林迄でた。

それから、あわてて、仕込んだ、一品といろいろもって、飛び出した。
案の定、マイクスタンド忘れてた。今日は、準備万端ではなくて、準備中途半端。

おまけに、昨日は、だーいぶ調子悪かったので、病み上がりっちゅう感じ。
やはり途中で咳がでた。
喉のあたりに、イガイガしたものを感じたら、立て続けに出てくる。
これが出てくると、吹けない。致命的。すう時も、はく時も、咳がでる。苦しい。
前、一回最悪になった事があった。
こういう事で、吹けなくなるのは、嫌だ。咳には、気をつけなくっちゃ。。

今日は、お客さんも素敵な顔ふれだった。
途中で、東京からきた、Seigoさんが入ってくれて、楽しいセッションも出来た。
村田さんは、今日はとてもリラックスしてて、サウンドグッドだった。
トークもふったら、なかなか面白い、オタクな話題をし、面白かった。
今日の、Don't Killのアプローチ面白かった。途中の展開も、そーくるかという感じでJazz的には、いつもじゃない、新鮮な展開となり、やってて楽しかった。
いつも、聞いてくれている人にしか、わからない事だが、今日のDon't Kill はいつもと全然違う展開で
面白かった。
私の調子は、咳さえでなけりゃ、まずまずだった。
曲の途中で、咳が出て、辞める訳にはいかなかったので、本当にあの曲、ムーリバーだったっけ、苦しかった。このまま、又咳き込んだら、どうしようと、吹いてて不安だった。

時々、咳がでて止まらなくなる。しかし、吹いている時になった事はあんまりなかったが、これを克服する手段を探さなくては。。。。

管楽器やってる人間には、咳は致命的。出そうになったら、どうしたらいいか、研究しなくては。
[PR]

# by swingmasa | 2013-12-23 01:44 | Live Report

自分のこころの風景

昨夜、あんなに精神的にしんどかったのに、今日は、昨日のしんどさを取り返すかのように、みんなそろって楽しい時間をすごすことができた。
 昨夜は、もう何もかもひっくり返してやろうかなと思う程、自分のやっている事が、馬鹿に見え、悲しかった。して来た事が何になっているのか見えなくなって、自分が、勝手にしんどい事をかってでて、勝手にしんどがっている、アホなおばさんにしか見えなくなってきた。
 そんな中で、東京からのお客さんは、おっきな救いだった。
 私は、人には、わかってもらえないかもしれないが、好きとか嫌いとかはっきり言う割には、結構、我慢したり、耐えたりするタイプだ。お酒も飲まないし、ただ、じっと我慢する。
 なんで、我慢できるかといえば、其の向こうに、得るものを見据えているからだ。私は明らかに自分のやっている事に、自分なりの意義を見いだしている。だから、我慢できるし、がっかりしても、耐える事もできてきた。
 しかし、あまりにも、予想外の、想定外のはずれが起こると、パンクしそうになる。受け入れられなくなってくる。そして、悔しくて泣いたりもする。本当に現実に打ちのめされてしまう。
 以前は、ものに八つ当たりしていたが、自分が負傷したりして、痛いのでそれは辞めにした。
 人は、とかく、私を、へこましたり、落ち込ましたりしてくれるものだ。しかし、又、喜ばしたり、元気づけたりもしてくれる。
 この悩ましい人間関係に私は一生、好きとか嫌いとかなったり、うんざりしたり、救われたり、翻弄されながら、生きていくのだろう。
 時には、幸せな気分になって、楽しましてもらったり、悔しがったり、憎んだり、感謝したり、愛したりもするんだろうな。
 でもはっきり言って、辛い思いも、寂しい思いもさせられる。
 この自分の感情的なものに、自分がドライブされて、悪酔いしそうになる。
 自分に、自分で、疲れてくる。人と関わって生きていく事に燃え尽きた感じがしてくるのだ。
 しかし、こういう感情的な事を、コントロールするため、ヨガをやり始めたというのに。。。そして、インストラクターの資格迄とったのに。しんどくなっている時のほとんどは、ヨガをやってない時だ。
 本間に私、まだまだ、修行がたりんわ。。。。
d0056271_2301460.jpg

[PR]

# by swingmasa | 2013-11-23 23:56 | ひとりごと

怒り

 昨日、子ども若者支援ネットワーク大阪の人から電話がかかって来た。内容は、ネットニュースに、ネットバンドの事を載せないというのである。理由は、事務局レベルで認められてないからという話だった。じゃ、どうしたら、認めてくれるのか聞いても、其の方法が釈然としない。
話しても、話しても、話は平行線だった。
あ、もう、この人といくらしゃべっても仕方が無いと感じ、話を終えた。
しかし、認めるも認めないも、もう一年も子ども若者支援ネットワーク大阪の若者とバンドをやって来たし、ひきこもりシンポジウムでも、依頼されて演奏した。今回で、2回目のシンポジウムでの演奏。それは、子ども若者支援ネットワーク大阪から依頼されている。
 ネットバンドなるものをやっていると一行入れることにどれぐらいの被害を受けるというのだろう!それを書く事で、誰が困るというのだろう。全く、官僚的な発想で、お話しにならないが、こういう人とやり合って行かなければならないかと思うと、かなり、ぞぞーっとしてくる。
 あなたのような方が、学校の先生していらっしゃったから、ひきこもりが増えたんじゃないですかと言いたくなってくるような、話し合いだった。すくなくとも、私が、この人のクラスだったら、学校へは行きたくなくなってくる。
 杓子定規に、きまりきまり、るーる、るーるという男社会の官僚。話していると感じる、この抑圧感、私の尊厳をへーきで踏みいじる。あの物言い、体が、どんどん、怒りに震えて来てたまらなかった。
「全く、納得いきません。」といって電話は終わった。
 私は、本当に納得いない。なんでこうも否定されるのか。許せない。
どうしよう!このままでは、気が済まない。私のこの悔しさは、治めようが無い程、怒っている。
とにかく、冷静になって、反撃していくしかない。
ここで、怒れないのなら、私の生きる尊厳は無に等しい!
自分の尊厳のためにも、しっかり、主張していかなければ。。。。。
今回の事で、ハッキリした事は、今迄、忘れられて、のってないと思ってたのが、そうではなく、故意に認めていないから、あえて載せなかったんだという事がわかった。
いつも、無視されていると思っていたが、無視ではなく、意識的に認めてないんですよという意思表示だったのだということが、はっきりわかった。鈍感にも、気づかなかった私が、馬鹿だった.
 こういう対応を私にしてくるというのは、はっきり、私が、女性であるという事も大いに関わっているだろうと思う。これが、男だったら、最初から対応が違っただろうなと思う。
少なくとも、こういう侮辱のされ方は、無かったのではないかと思う。
エネルギー要るなー。。。でも、自分の尊厳を守るってもの申すというのは、エンパワーするなー!
事なかれ主義で、怒りを他のものにすり替え押し殺すより、直撃して行く方が、自分が生き返る。
エネルギーはまずは、自分のエンパワメントに使わなきゃな。
それが、人にでんせんしていったらいい。
[PR]

# by swingmasa | 2013-11-13 01:27 | ひとりごと

つぶやき

 生きるって、難しい。誰にも会わずに、生きるなんて事はできない。
だって、寂しがりやだし。
会いたいときに会いたい人に、いいタイミングで会うなんてことも、また、難しい。
会いたい人にだけ会うって分けにもいかない。
会いたくないって思う人が、具体的にいる訳でもないが。。。

ただ、何か、本音をいうと、私は、今の自分がどうもスキになれない。
演奏してる時間がこんなにも少ない、パフォーマーなんていない。
だいたい、フパフォーマーっていえるのか!
こんな自分のフィールドで、収入の少ない、演奏家もいない。
演奏家っていえるのか!
確定申告寺の自分の収入、人にいうの恥ずかしいぐらい収入が減って来た。

お金にならない事は、得意なのに、自分のやっている事を、収入につなげるのは、難しい。
ヘタクソだ。収入につながらない事ばっかり、やっている。

私は、いったい何をしてるんだろうって感じる事も多々ある。
意味のある事をいつもやっていられる人が、うらやましい。
具体的な成果が見える仕事を日々こなせている人はいいなと思う。
これをやったら、いくら入ってくるってわかる仕事を毎日やってる人は、いいなと思う。

こんな事してる場合?私、どうなんだよ?と自分に問いただしてみる。
そんな自分に、激烈に反発したくなる、自分がいる。
やらんなあかん事、わかってる。やらんあかん事を、やりたくない。
いや、やりはじめると、お金かかったり、やっかいだったり、これにまつわる諸々の事が、うんざり。
ついつい、後回しにし、今日迄来た。今日の私は、どうするだだろうか?
また、今日も、後回しに夫する?
わたしのやらなあかん事って、誰に何か言われてする事ではない。
やらないと、自分が、後でしんどい思いをするだけ。
あとあと、困りそうな自分を想像する。不安だ。

なさけない。あまりにも。泣きたくなってくる。
全部知らん事にしてしまいたい。私の今の最重要事項なんて知りません!
他人事にしてしまいたい。

だけど、演奏してる時は、これが、全然真逆に変わる。
自分を生きてる。そんな実感がある。

演奏以外の時間 、先延ばしにして来た事、、、、
自分の事なんて知りません。。。って、そんなわけにもいかんよな。
自分が、かわいそうや。後で、こまる自分を想像する。
やっぱり、自分をそんなめにあわすのは、ちょっとかわいそう!

ちょっと、やってみっか。
まずは、メールかな。
そう、そう!メール、メール! いつも、メールしてるじゃん、私。
いつものメール、、、しかし、いつもみたいにやるメール、気軽な相手だから出せる。
片言でもわかってくれる相手と、そうじゃない相手じゃ、
お元気ですか?ご無沙汰しておりますーから、はじめなくちゃならない。
そういう付き合いが、私には、しんどい。自分を、生きづらくさせている。私は、礼儀の無い人間だ!

自分の社会性の無さにあきれてしまう。。。

社会性、くそくらえ!社会性、むかつく! 切り刻んで、私のすきなガーリック、ショウガ、はるさんの塩入れて、ごま油でいためよか!玄米と一緒にだべたろ!

実は、今日、朝、とてもスッキリ起きれたのです。。。。で、機嫌、よかったのです。
が。。。。。
[PR]

# by swingmasa | 2013-11-10 23:27 | ひとりごと

ひとりごと

 今日の会議は、事態を打開できないって結論に達したような感があり、なんか全然すっきりしないで帰って来た。そして、彼女らは、もう、この会議をやった団体に見切りをつけるような事を言っていた。
 私は、やめないでほしいと思う。彼女らが辞めると私もやる気が半分以下に下がる。
 しかし、結構、気持ちのしこりが強く、縺れた糸は、ほぐれようもなく、疲れた感情があった。
 私は、どうしたらいいんだ。。。私だってやる気なくなる。そんなの嫌だ。
 組織のトップの男って、なんでこんなに、無神経で、ふてぶてしく、そのイスに座っていられるのだろう! そして、女性は何故、対決しないで、諦めてしまう事になれてしまうのだろう。
 私は、我慢ならない。そんな風に諦める事は、もの申すより、楽かもしれないが、後に残るものもより、しんどくさせる。なんで、皆で一緒に言おうじゃないかという話にならないのか。悔しい。
いや、事を起こさず、諦めるのは、なんもエンパワメントしない!!!

落ち込んでしまう。仲間を失うのは、しんどい。今、支援してる若者達にも、いい影響は、及ぼさない。
こんなに自分の足下が、ぐらぐらしてるのに、トップの男と来たら、逃げているのか、面と向き合った話し合いに応じようとしない。必要としているときは、散々利用して来たくせに。今は、煙たがっているのか。
 私は、やはり、その男に無理矢理こっちを向かせてでも話し合いをしたい。しかし、しても何にも変わらないよと言っていた。多分、もう、何回も試みたのかもしれない。
 私は、皆で言ったら、なんとかならないかなと思う。が、それも、甘いというのか。。

事なかれ主義は、何も生み出さない。残るのは、ストレスだけ。。。私は、闘いたい。これじゃ、自分の尊厳が崩れてしまう。。。。。
 
[PR]

# by swingmasa | 2013-11-07 02:26 | ひとりごと

ちまたのライブ@大阪聖和教会(桃谷)

 ちまたのライブ、一応、大きな忘れ物もなく、無事に終了しました。
私の事だから、いつも、何か、とても大事なもの、それ忘れるかーみたいな、大事なもの、メインとなるようなものを忘れたりするのだが、今日は、大きな忘れ物は、どうやら、無かったようだ。
とういうか、終わってからも気がついてないのかもしれないが、ま、いい。何も、困らなかったのだから、良かった。
 知り合いが、たくさん来てくださって、人が集まらなかったら、どうしようと心配したが、まあまあ、満席っぽい感じになったので良かった。
 ぬけていた事といえば、楽器のケースを楽屋に入れるのを忘れて、演奏中にふと、客席をみたら、サックスのケースがあった。そうれぐらいか。ソプラノのケースも舞台に出したままだった。
 やっぱし、どこかぬけている私。

ま、でも、演奏はおもいっきしやった。
今日は、お客さんの雰囲気が、とても柔らかい感じで、人のよさそーな感じの人ばかり集まっていた。
ま、私を、聞きに来てくださる方々なのだから、皆さん、心の広い方だろうなとは思うが。
今日は、食事なんかも出たりして、いい感じだった。
こさりのゆきお君だったか、来てくれていたのが、見えた。

教会で天井が高かったせいか、音の通りがよく、気持ちよく響いていた。本当にやりやすかった。
東京から、わざわざ来てくださる方もいて、ありがたかった。

今日は、嬉しくて、なかなか眠れそうにない。神様、この心地よさにしばらく浸らしてください。。
私が、一番エンパワメントしれいるなと感じる瞬間は、やっぱり演奏している時。

今日は、お客さんにエネルギーを充電させてもらった感じがする。
聞きに来てくださった方々、一人一人にありがとうございますって心からお礼を言いたい。
御陰様で、スーパーネガティブウーマンの私は、今日みたいな事があるなら、嬉しい、また頑張ろって気分になりました。
[PR]

# by swingmasa | 2013-11-02 23:50 | Live Report

たそがれのハーレム

d0056271_16212391.jpg

ハーレムの夜は昔に比べて明るくなった。昔は、こんな綺麗なビルたってなかった。
d0056271_16212516.jpg

こんな子じゃれたカフェもなかった。最近は、ヴィリッジみたいなカフェ増えてきた。家賃、ドンドン上がっていくんやよな。困るわー!(´・_・`)
[PR]

# by swingmasa | 2013-10-09 16:12

困ったルームメート

 今日は、久々、ヨガ行けた。今回、New Yorkに来たのは、自分の今迄使ってた部屋を人に貸したは、いいが、家賃払ってもらえなくなって、話を付けに帰ってきた。出て行ってもらおかなと思って。強気で帰ってきた。しかし、事情を聞いてみたら、お父さんが、糖尿病、末期で、足を切断するので、アトランタに帰っているという。そんな大変なその人の時期に、いろいろ言うの気の毒やなと思って、今、せっつくの押さえてる。
 しかし、入るはずのお金が入ってこないので、こっちはピンチ!どないしょう!!!
 それならそうと、メールでもくれれば、New Yorkまで帰ってくる事無かったのに。。。交通費だって馬鹿にならないし、どなしてくれんねん!
 なんか、本間かなと疑いたくなってくるがどうやら本間らしい。
 しかし、なんで、こっちの人って、自分の収入にあった家賃のとこに入らないのかな。最初から、なんか、デポジットも払ってもらえてないし、どうも、変なんよね、この人。私は、できたら、出てってもらいたいが、なんか、居座ったもんが勝ちみたいになってきて、どーしょうかなと不安になってきた。今回も短期滞在だし、私、日本に帰るの待ってるんちゃうかなとイヤーな感じがしてきた。
 そもそも、これだけ、不信に感じる人を、ルームメートにしてるのは、よくないよな。。。
 ほんで、私は、自分のアパートなのに、リビングのベッドプライベートもなしに太いからだちっちゃくして寝ている。
 今、なんとか、プライベートな空間作ろうと必死だ。
 やっぱし、お父さんの看病どれぐらいかかるかわからんし、家賃払わんと部屋キープされんの困るなー。。。私、其の部屋使えんし、私は、大家に家賃払ってるしな。。。
 明日、メールしてみよ!
[PR]

# by swingmasa | 2013-10-08 14:04 | 今、New York

インテグラルヨガ

d0056271_6172361.jpg

ウエルカムバック、MASA(((o(*゚▽゚*)o)))と迎えてくれて、機嫌よく、クラスをうける。
[PR]

# by swingmasa | 2013-10-05 06:14

ネットバンド

 最近、集まりがめちゃめちゃ悪くなってきた。一体どうなってるんだろう。
 もちろん、それぞれ、いろんな事情を抱えていることは、100も承知だ。だけれども、来てほしい。来てもらえないと話にならない。始まらない。へたとかうまいとか関係ない。来てもらえないと、どーっと疲れる。まじめに来てくれてる子にも、気の毒で仕方がない。もっと気安くなるいい方法はないものか。やってる事が、面白くないから、来る気なくなるのかな。
 来るだけで、疲れがとれるプログラムを用意してるつもりなんだが、やはり、そんなに面白くないから、こうなるのかな。毎回、違う事、変化していかなきゃ面白くないのかな。むつかしいな。
 今日も、誰もいないスタジオを眺めながら、考えた。私は、人と合わすのが大好きだから、なにかあると、すぐサックスもって出かけるが、あんまり、いく気になれないという事は、私のやってる事が、マンネリ化してきたからかな。
 面白かったら来るだろう。面白くないから来ないのだ。面白いこと。なにをどうしたら、楽しんでもらえるか。面白いという実感が大事なんだ、それを、まだ、私のクラスでは、得られないんだろう。
 私なんかも、めっちゃ身勝手な学生だったが、やっぱし、面白い授業はでてた。
 面白くて背筋がぞくぞくするような、クラスをしたい。
d0056271_2321134.jpg

[PR]

# by swingmasa | 2013-10-02 23:02 | ひとりごと

マーちゃん、スキー!(((o(*゚▽゚*)o)))





Swing MASA
http://www.swingmasa.com/
[PR]

# by SwingMASA | 2013-10-01 14:28 | Don't Kill 視点 こだわり

眠気ぶっとばせ!

d0056271_23184761.jpg

d0056271_23184849.jpg

眠眠打破飲んで帰ろう。本日の玄米おにぎり。評判よかった。筑前煮も評判よかった。
[PR]

# by swingmasa | 2013-09-28 23:15

ライブの帰り

d0056271_2355392.jpg

ライブの帰り、チョット立ち止まり、車の中から見た風景。
一応、本日のライブ終了。来てくださるという知らせが、一人しかなかったので、今日のライブは、その人一人かなと心配したが、ちらほらきてくださってなんとか、ライブのテイをなした。久しぶりに聞きにきてくださった友達とも再会できて嬉しかった。広島の人もいた。有難い事だ。今日は、何時もきてくださってた方は、少なかったが、私は、私を聞きにきてくださる方同志お友達になってくださったら、なお嬉しい。あの場所がマダンみたいになってきたように思う。
猫町ギャラリーの山賀さんの影響もあるだろう。面白い場になってきた。
またやる。今度は、12月22日の日曜日の予定です。予定入れててください。(次の日休みだよ。)
[PR]

# by swingmasa | 2013-09-28 22:50

風立ちぬ 感想2

 もう一つ重要な事、それは、大変大事な歴史的事実を隠蔽しているという事。いくら、その基になる原作になかったとしても、日本人としても歴史的事実のとらえ返として、関東大震災時に普通の民衆による朝鮮人虐殺があったということ。それは、忘れてなならない事だし、民衆史をとらえ返す上では、同じ事を二度と起こしてはならないために、見逃してはならない事だ。また、其のどさくさの中で大杉栄や、伊藤野枝も権力にとらえられ虐殺された。そういう重要な抜かしてはならない史実が、抜け落ち、全然ピンとこない中身の薄っぺらな、優秀な飛行機設計技師の人生とお金持ちの結核になったお嬢さんとの恋愛物語に終わってた。
 あのラストシーンに至るストーリーをもっと削ってでも、例えば、戦後、何年かたって主人公の堀越二郎が自分のしていた事が、戦争時の中で何になって使われていたのか、とらえ返すシーンがあってもいいと思う。あれでは、戦争に対する絶対的な否定観もなく、わざわざ、多額の費用をかけて作り上げる意味があったのかと思う。
 例えば、あれを見て、福島の原発事故でふるさとを追われた人は救われるかというとNOだ。
 あの事件をこの作品に置き換えるてみたら、よくわかる。原発開発技術者の擁護になりかねない。
 やっぱり、つまらなかった。
[PR]

# by swingmasa | 2013-09-27 09:46 | 感想

風立ちぬ

 ユーミンのひこうき雲がテーマ曲だというので、期待して見に行った。かなり期待したので、風の谷のナウシカや、天空の城ラピュタを見たときのような、感動はもう得られない。
 とても長い物語だった。素朴ないい話なのかもしれない。
 でも、やはり、宮崎駿の作品は、やっぱり、ジェンダーが全然フリーじゃなくて、あれが男のおっさんの今の社会に対するメッセージの限界かなと感じた。
 とても長い話だったので、最後の字幕のときにひこうき雲が流れてきたときは、あーやっときたと感じ、待ってた感動はあったが、あの曲の持つ魅力程には、話の中身はなかったように思う。
 ひこうき雲は、あのストーリーの中身以上に魅力のある曲だと思う。
 とってつけたような突然ひこうき雲が流れる最後の字幕シーンだった。ひこうき雲の曲がいいので、あの作品がしまった感じがした。
 ひこうき雲は、私の高校時代の青春の曲だ。
[PR]

# by swingmasa | 2013-09-27 00:11 | 感想

新しい長靴

イチジクの収穫で毎日はいていた長靴が穴空いてたので、新しい長靴を買った。長靴穴空くまで仕事として履いたの初めて!高い長靴ではなく、980円の安物だが、凄い嬉しい気分になった。
本日、早速履いてイチジク取り。やっぱし、当たり前だが、長靴、水が入って来ないの気持ちいいなぁ。
d0056271_15545812.jpg

[PR]

# by swingmasa | 2013-09-17 15:47

祭りの後の玉姫公園

d0056271_1221866.jpg
近くに居たおじさんが、「来年も又ね」と言ってくれた。ちゃんと聴いててきれたんやと嬉しくなってくる。今日のストレスは、これで帳消しにしようか。。
何か、今日の山谷での演奏は、もっとやりたかったなぁと残念な気分が残るものだった。
何故か、私達の時間が短くなってたように思う。アンコールももらってるのにうちきられる事になっていった。私の前の人達も後人も私より長くやってた。
何時も感じる事だが、こういう時、結局やったもん勝ちになる。私のように四角四面に、時間どうりに始め時間どうりに終ると、結局、予定していた曲を削らないといけない羽目になる。今日も、2曲削った。
私は、こういう時、何時も終った後でも、凄くストレスが残る。
今日だってアンコールがかかった。だから、やりたかった。でも、打ち切られ、私も従った。
でも、もっと演奏したい気持ちが強い人だったら、強引な人だったら、やってただろうなと思う。いや、男だったら、やってただろう。
自分の中で、やればよかったのにという声と、いや約束は守らないとという声が葛藤して、しんどい。
もっと思いっきり演奏したいものだ!わざわざ、大阪からこの為に来ているのだから。いや、今回は、NYからわざわざ、これにあわして帰ってきて、時差ボケ押し切ってきたのだから。
聞きに来てくれた人達と打ち上げみたいなのをやって解散した後、もう一度、祭りの後の玉姫公園に行ってみた。
公園は、鍵がかかって誰もいなかったが、門の前に、今夜は野宿だろうか、座っていたおじさんが、私に声をかけてくれた。
このおじさんが、「来年も、またね」と、声をかけてくれなかったら、私は、今日の事、ずっとしんどく感じていただろう。
ありがとう、おじさん。

このおじさんの一言で、今日のストレスは、帳消し!お疲れ様でした。
[PR]

# by swingmasa | 2013-08-12 00:57

YOGA Teacher Training 8日目

今日は、インストラクターの方で何があったのか、汗がたらたら流れる昨日までのようなトレーニングは無かった 。なんでかな?
私は、感が狂ってしまい、かなりマゾ的になってきたのか、物足りず、終わってから、インテグラルヨガに、一クラス受けにいった。
インテグラルヨガのハサⅠが、わりと楽にできたのでビックリした。
汗をかきにいったのだが、冷房ががんがん効いていて、何にも汗かかなかった。ディープリラクゼーションでは、ブランケットをかけるぐらいだった。
ところが、外に出ると今日は、猛暑日で、暖房かかってるみたいに息苦しかった。
私の習ってるヨガは、今迄、何年も続けてきたヨガとだいぶちがうなぁ。。
顔から滝のように汗が流れるヨガ。
インテグラルヨガは、汗がいっぱいでてくる程激しくなくて楽でやり易いのだが、寝ポーズの後、体を起こしたら、頭がガンガン痛くなる事がよくある。
しかし、今、毎日行ってるヨガは、汗が一杯でて、しんどいが、頭痛は一切しない。
私は、こっちがあってるのかな。001.gif
[PR]

# by swingmasa | 2013-07-19 09:16

誕生日の日に思う

 今日、毎日行ってる、ヨガのTeacher Trainingを受けている学校に行ったら、皆が、口々に誕生日おめでとうと言ってくれた。
 そして、クラスの始まりのときに、皆が、Happy Birth Day to You~と歌ってくれた。人のためには何千回も歌って、演奏してきたが、今日は、その歌が、自分のためにあった。みんなの心のこもった、歌に、感動した。最後が、Happy Birthday Dear MASA~になり、あー私のために、皆がうたってくれているのだなあと、感極まり、あふれる涙を抑える事ができなかった。そして、思わず、手を合わせて、ナマステと言っていた。
 思えば、人の誕生日はたくさんお祝いしてきた。自分の誕生日は、自分に自分でお祝いするとかいって、ずっと、コンサートを開いてきた。
 でも、こんな静かな日常生活の中で、一人の誕生日を迎えるのは、久しぶりだ。いいもんだな。私には結構渋い日だ。
 ヨガのクラスのみんなの歌は、こたえた。ハートにビンビン響いてきた。

 そして、自宅に帰って、パソコン開いたら、友達から、たくさんメッセージが届いていた!
 だいたい、みなさんの誕生日にちゃんとお祝いしてきたかと言ったら、ほとんどメールのせず、私は、本当に不義理な人間だ。でも、私のお友達は、そんな私にでもちゃんと、お誕生日おめでとうと言ってくらはる。もらえるとやっぱり、断然嬉しい!元気になる。
 お祝いしてくださった方々を大切にしていこうと思う。
 今夜、私とお祝いくださった方々、友達、私の大切な人たちが、これからの人生いい事がありますように、瞑想しよう!そして、サックス、夕飯食べる前に練習したので、皆のラッキーのためにサックス演奏を捧げよう!私は、今、体調は元気で調子いいから、いい気が届くと思う!
 題は、Sound for you and me!
d0056271_1032051.jpg

[PR]

# by swingmasa | 2013-07-18 10:05 | My Dear Life

ヨガ TeacherTraining 2週目突入

 ひいひいいいながら、一週目が過ぎ、遂に、2週目に突入した!!
今日も、一応、無事?ではなく、できないポースが色々あったが、(基本的なのは全部一応できる)
終わった。慣れてきたせいか、早く終わったように感じる。
 宿題を披露するのはいつなのか?ま、時間稼げてよかった。
 
 ところで、やはり、体が固いし重たいので、これから、毎日酢を飲む事にした。
 どれだけ効くかわからないが、酢を飲むと体が柔らかくなるって聞いたので、試してみる。
 
d0056271_1243941.jpg

 ちなみに、マクロビオティックでは、酢は使わないらしい。本当かね。誰が行ってたのかな。
 
これも、聞いた話。確かじゃない。
 私は、東城百合子さんの自然食療法でを基に、菜食になった。
 
 Jazz とベジタリアンとヨガは私の中では、線で繋がっている。
[PR]

# by swingmasa | 2013-07-16 12:05 | 近況

ポーズのカード

d0056271_491148.jpg

下手くそな絵やけど、カードの裏に絵を描いた。絵ってむつかしいな。
ま、でも何と無くわかる。私的には、じょうでき。そいで表は?
d0056271_491280.jpg

これで覚えようとしてるのだが、すぐ忘れてしまう。記憶力落ちたみたい。
[PR]

# by swingmasa | 2013-07-15 04:06

Yoga Teacher Training 5th Day

 今日でやっと、一週目が終わった。
 感想は、めちゃしんどいけど、最後のDeep リラクゼーションの解放感が、しんどいほどすごい!
 めちゃ、気持ちいい!

 今日、やった新しい事は、皆で輪になって、膝を突き合わせて近くに座り、手をつないで、ブレスオブファイヤー、カパラバティという呼吸法を延々と何分もやった事。途中で、だんだん、体がしびれて来て、そのしびれが、全身に広がり、どないかなっちゃうんじゃないかと思ったが、無事終了。
 初めての体験だった。全身麻酔にかかってる感じ。ちょっとびっくり。
 こんなこと、人間できるんだ。よくこういうの発見しゃはったなというか、ヨガって奥が深いな。
 東洋医学も凄いが、ヨガの世界もおもしろい。
 
 注)この呼吸法は、ちょっとぐらいならいいが、今日私がやったみたいに長くやるのは、初心者はやめといた方がいい。私は、体がしびれてきたとき、心筋梗塞とかってこんな感じじゃないのかなと感じた。とにかく、ちょっと感じ方によっては、不安になってくる事もあるので、しっかりした指導者の元でやってください。生半可な知識でやらない事。

 先ほど、ネットで検索してたら、使ってるテキストの翻訳版が出ているのを発見!早速アマゾンで取り寄せる事にした。発送料、たっかー!!!! ま、でも、辞書ひく手間考えたら、代え難い。
 これで、もう少し、楽になるかもしれない。明日、明後日休みだが、ヨガ教室やってるというので、どんなか、行ってみようと思う。
 2日間もヨガやらんかったら、なまると思う。せっかく慣れて来たのにもったいない。このまま、ずーっと慣れていきたい。
 
 
[PR]

# by swingmasa | 2013-07-13 17:25 | 感想

Yoga Teacher Training 3nd Day

 今日もなんとか、終わった。今日も結構しんどかったが、気分が、ちょっとなれたかな。
みんな、めちゃ積極的で、私一人消極的。これでも、私的には、かなり、積極的?とは言えないかもしれないが、頑張っている。しかし、あてられないと何もできない、しない。みんなはあてられなくても自分からやってみるといって、どんどんやっていく。
 今日も、かなり、遅れをとりながら終わった感じがある。
 みんな、このクラス、特にきついような気がする。今まで、気持ちよいヨガしかやったことないので、こんなしんどいヨガは、はっきりいってこのトレーニングだけにしておきたい。
 しかし、体はどんどんやわらかくなっていってるように感じる。体調は快調!
 体が重たいので、支えきれないポーズがいくつかる。
 3段腹が、少し、柔らかくなったのか、前屈が、この3日間でよく曲がるようになった。
 皆の2倍近くの歳で、頑張ってるおばはん?いや、今の私、年齢は、おばはんかも知れないが、若い子に負けながらも、なんとかついていって?いけてないかもしれないが、自分の事おばはんと感じれない。感じたくない!
 できないポーズもあるので、試験とかあったら、まずいかもしれんが、とにかく、毎日休まないで最後までいくぞ!それを、まずの目標にしよう。
 
 しかし、これ、英語でヨガ、いったいどこで教えるねん?ま、日本語におきかえやんなしゃーないな、日本でおしえるんやったら。
 あーきついヨガ激しいのやしんどいの好きになれたらな。。マゾやんか、それ。。
  
[PR]

# by swingmasa | 2013-07-11 11:16 | 近況