三浦和義さんの事

 その後、また、ネットで知ったことだか、どうやら、三浦和義さんの自殺には、不可解な点が多いようだ。なんでも、30分に一回は、巡回に監視官が見回っていたそうで、ほんの10分程度の間の出来事だったらしい。
 それでは、ますます、不可解だ。10分で、死ぬ分けないし、10分で見つけられたのだったら、応急手当が正しくされれば、一命はとりとめれたはずだ。
 こんなこと、客観的に誰が、きかされても解る話だ。
 何かあったとした思えない。いったい何があったんだろう?
 
 どちらにしても、日本もアメリカも、国家権力、警察権力はこわいなあ。私たちを守ってくれるなんてこと感じた事いっかいもないなー。。。

 徹底的に情報公開してもらうべきだと思う。それこそ、ここで、日本のマスメディア、かんばらんかいなと思う。三浦さんネタにめちゃめちゃ騒いで、犯人、有罪扱いして、名誉毀損もええかげんにせんかいと思ってたが、せめて、彼の死因を徹底追及すべきじゃないかな。それと、彼は、はっきり無罪で、アメリカの司法も彼を有罪にできなかったのだから、犯人扱いの報道は、徹底して慎むべきだと思う。
 私は、表現として、「最高裁で無罪が確定した」なんていうのも変な感じがする。それじゃ、それまで、疑われていた、彼の名誉はどうなるんだろうか?無罪を勝ち取ったところで、一回日本全国に広がった、彼のイメージをいったい誰がかき消してくれるというのか。マスコミは、こぞって、すいませんでした特集を組むべきだと思う。彼の名誉を少しでも回復するのに力を注ぐべきだ。
[PR]

by swingmasa | 2008-10-14 17:10 | ひとりごと