死刑廃止京都集会2008秋

 だんだん、近付いてきたが、心配なのはどれぐらい集まるのかということだ。私のチケットをお願いした方々は、みんな、とても協力的ないい人達だから、来れなくても、カンパで、チケット買ってくれる人もいるかもしれないが、それにしても、いったい、何人ぐらい集まるのか、何にも見えてこない。800人の会場。
 だいたい、出演者の私が気にするような事じゃないのかもしれないが、今回は、スタッフとしても関わってるからそうはいかない。
 舞台監督をやるので、演奏の前後、舞台の袖で進行を仕切ることになるが、なんにしろ、この間ずーっとこの事に全力投球して、準備にしろ、本番の演奏にしろ、舞台監督の裏方の仕事にしろ、一生懸命やるので、お客さんが、少ないというのは、とても嫌だなあ。何のためにやってるのかわからなくなってくる。
 お客さんが、あんまりいなくて、現代アートのパフォーマンスみたいになるのだけは嫌だ。
再度、今からでも、しつこく、メールさせていただこうか。
 いつも、お願いのメールで、申し訳ないが、New Yorkから、私が出来る事と言えば、インターネットで、できることぐらいしかないもんな。。。
 しかし、人で不足を感じる。みんな、なんだかの運動に掛け持ちで関わっていて、この集会の日だって、他にもいろいろ、イベントあるらしい。
 私がチケットお願いした人だって、他のイベント宣伝しなけりゃいけない立場にある人何人かいたし。近頃は、来られるお客さんのかずより、イベントの数の方が多いんじゃないかしら。お客さんの取り合いみたいになってる。
 前売りと当日の違いがないので、全くふた開けて見ないとどうなるわからないというのは、うまくいく場合と、全く読みがあまくて、アカン場合があるからな。。。
 やるからには、いい演奏、パフォーマンス出来るよう、ベストなコンディションに持っていくのは、もちろんだが、セッティングもして、演奏もしてって、私、大丈夫かな。ま、とにかく、がんばるしかない。
 お客さんの事は、25日ぐらいまでにして、早く進行表完成させて、段取りをつけていこう。あー誰か、舞台手伝いにきてー!搬入、セッティング、ばらし、搬出がたいへんなんや。本番よりも。いけそうな人、連絡ください。   swingmasa@aol.com

 
[PR]

by swingmasa | 2008-10-24 19:39 | ひとりごと