扁桃腺の腫れ

なおりそうな、気配だったのに、又ぶり返し、昨日、ようやく、医者の行って来た。予想どうり、抗生物質と解熱剤を処方され、それをのんだら、急に、症状が、治まって来た。普段、薬を飲んでないので、めちゃよくきいた。
 御陰さんで、だいぶ楽になった。
 そこのクリニックは、鍼灸もやっているので、ついでに、受けたいと、いったら、そっちにまわしてもらえた。それで、いろいろ、針も指圧も受け、肩の凝りは、だいぶ、ほぐれた。こっちの方が、本当の治療してくれたって感じだ。
 取りあえず、峠は越えて、これからは、どんどん、よくなる予定。
[PR]

by swingmasa | 2008-01-27 11:01 | あれから

今年は、税金から始まった

001.gifあー、もう、年があけてこんなになってしまった。新年の挨拶文もかけないまま、今日はもう、1月21日、日本はもう、22日か。いつも、New Yorkにいると、半日日本より遅れているから、日本の人たちより、遅れて時間がとうり過ぎていく気がする。今年は、年明け早々、アメリカの2005年に申告した分の追徴金を免除してもらうための領収書そろえから始まった。なんで、二重にとられんなあかんの?信じられない。そんなに稼いでないのに。いい加減にしてほしい
 私は、てっきり、2006年度分だと思って、2006年分の書類は、バシッと持って来たのに、良く読んだら、2005年と書いてあるじゃないか。あー、倒れそうになりながら、しかし、気を取り戻し、実家に電話かけ、母と姉の協力で、2005年度分をEMSで送ってもらう。
 3日短い首を長くして、待って、やっと届いたが、必要な領収書がほとんどない。あわててまた、国際電話して、もう一度、探してもらうように頼んだ。次の日、電話で、ありそうなところを、説明し、それにしたがって、探してもらう。しばらく、電話切って、さがしてもらう。向こうから、かかって来た。見つかったと。そして、すぐさま、郵便局に走ってもらい、EMSで送ってもらう。2度目。
 もう、姉と母の方には、足を向けて寝れない!!!!!New Yorkからだとmどの方角になるのか、知らないが。
 そして、3日後、ようやく、本命の領収書が手に入り、明細を照らし合わせに作業に入った。先日、お願いしている会計事務所に、領収書と明細表一式揃えて持っていったが、やはり、もっと、ばしっと、照らし合わせ作業をしてから、もう一度持って来てという事だった。後は、やってくれるのかなと、甘い事を考えていたが、全部バシッとしないと、受け付けてもらえないようだ。
 そして、しかたなく、領収書の束をだかえて、帰って来た。
 あーじゃまくさいなあ。。。。。007.gif
サックス、ぷかぷか演奏しているときが、一番幸せだな。。。
 
 ところで、昨日今日のNew Yorkmは、本当に寒かった。最高気温が、ー2℃で、最低は、−8℃だった。もちろん、部屋の中は、ヒーターが入っているので、日本にいるより、暖かくすごせるが、それでも、ときどき、ぞわぞわっと悪寒がした。
 
 ようやく、こんなふうに、ブログもかけるまで回復したが、実は、個々一週間程、扁桃腺が腫れて、喉が痛くていたくてしかたなかった。最近は、いつも、生理の度に扁桃腺が腫れている。しかし、今回は、12月より、ひどかった。寝ても覚めても痛かった。何が良かったのか、今日ぐっと、回復に向かった。まだ、少し痛いが、もう大丈夫になっていく気がする。思うに、多分、自分で作った、特製のレモネードが、効いたようだ。甘いが、砂糖は使わず、つくった。やはり、ビタミンが少なかったのか。ヴェジタリアンだが、寒いと、ついつい、なんでも、火を通し、食べるので、破壊されるビタミンもあるのかなぁ。そのレモネードは、飲むと、喉が喜んでいるのがわかった。

 扁桃腺が腫れるまでは、毎日ヨガに行っていたので、明日あたり、また、復活すっかね。。。ヨガ、行くと、体気持ちよくて、喜んでるのよくわかる。
d0056271_13531948.jpg

[PR]

by swingmasa | 2008-01-22 13:53 | ひとりごと