主張しない日本人ー私

d0056271_1113154.jpg

 ニューヨーク発ーアンカレッジー台北経由関空!アー長かった!もうへとへと。
 私は、この生活を一体何時まで続けられるだろうか。
 今回最後にアンラッキーが、ある強力な旅のスペシャリストのサボートで、ラッキーな希望道理の結果となった。
 その人の名は、洋次さん!
 本当に今日はありがとうございました。
 お陰様で安心して、寛いで飛行機に乗れました。久しぶりに以外に引っ込み思案になっている自分を発見し、自己主張を思い出しました。
 あのまま向こうの言われるまま、そうですねとあっさり、引き下がってたら、随分おもしろくない不満でいっぱいのストレスフルなフライトになっていたことでしょう!
 私はこの出来事に今までの自分の人生の縮図を見たような気がした。何時も一歩引く日本人をやってきた。合わせて一歩引く女性も気が付いたらやってしまってたこともいっぱいあった。
それで何がよかったって、なんにもいい事はなかった。ただ悔しさが残っただけだった。
 だから、洋次さんに主張しないと駄目ですよと促されたとき、なんだかしばらく忘れてた事を思い出したような気がして、しばらく気持ちが止まってしまった。
 長年カウセリングでいかに自己主張しながら自己実現していくかということやってきた。
 飛行機の座席を何処に座るかという事でも私にとっては、とても大きな事情を抱えていたので、 大阪に着くまでの2時間を不安と不満ですごすか、安心してすごせるかで後の時間のすごしかたまで変わってくる。
 それだけじゃない!
 その後の人生まで変わってくるような気がする
 そんな、大事な学ぶところの多い出来事だった。
 ちなみにこの事で私の言い分を聞いてくれ、丁寧に対応してくれた、China Airlineのスチュワーデスの澄田さん、ありがとうございました。
 Swing MASA
P.S. 今夜ブログ書くと洋次さんに言ってた。もし、検索してくれてたらすいません。ちょっと、アップするのが遅れて。何でも、このとうり、ゆっくりしてて、これが私の悪いところ。今年はこの判断と行動のスピードをもう少しあげるように心がけよう!
[PR]

by SwingMASA | 2010-01-25 11:01 | ひとりごと

旅の志度

d0056271_4155178.jpg

あっという間に、くつろいだ日々は過ぎ、また大阪。
今回の演奏以外のメインの仕事は、苦手中の苦手、確定申告の領収書整理。
こう見えても毎年きちっと整理してやってるんですよ。
しかし、嫌いなので、1年まとめてこの時期。
この時期は、演奏の仕事はあまり入れない。私でないとわからないので、自分でやるしかない。
年の初めから、毎年これでスタートというのがつらいなあ。
ようやく解放された気分になるのは、3月の初め頃で、ゼーンブ仕上げて、税理士さんとこに持っていてOKもらってからのこと。
私の税理士さんも売れっ子、特にこの時期、必殺忙しい。アポイントをとるのにも彼女の予定がある。だから、こっちの都合だけで進まない。
本当に睡眠時間も少なくなるようで気の毒なくらいだ。
ま、私の収入からいって税理士さんに頼む程でもないのかもしれないが、さすがと役立つ事を教えてもらえるし、もし、私も生きてる間に、引っ張りだこになりでもしたらと思い頼んでいる。
で、得意の指圧もさせてもらうが、この時期彼女は気の毒な程いつも肩、背中、首、ゼーンブパンパンにはっている。
今回私は、毎日のようにヨガいって、健康管理バッチシやって帰るが、これが、大阪についたらどれだけ、続くか。ま、最初に一週間ぐらいは、自分の意志でがんばってヨガを続けたい。
でも、その後、たぶん又、なんにもしなくなるだろうなー。
いっそ、インストラクターにでもなって、毎日ヨガ教室でも始めたら、やるだろうけどなあ。
今は体の調子、すこぶる元気だ。
私は、ヨガをやった後の自分の、邪気の抜けた顔が大好きだ。
私って、なんでこんなに美しいんだろうと見とれてしまう。きれいだなーって。
この顔大好き、私の一番美しい時。ヨガをやった後にしか見れない。
誰も知らない、マ、興味もないだろうが、私の魅力。私だけが知っている私の魅力。
私は、このヨガをやった後のほんのひとときの美しい自分を見るためにヨガをやってるようなもんだ。誰にもみせないとっておきのいい顔してる、私。
日本でヨガやる環境作っていこうかな。一人でやるヨガ程面白くないものはない。まるで、修行だ。そういうの苦手で、ようしない。今回日本滞在では、誰かと一緒にヨガやる環境を作る事を試みよう。
ア、それと、やっぱし、「717Don't Kill Concert」 これ準備着々とがんばろう。まず、会場決めて。そこからいろいろ始まる。サンスクエア堺はもう押さえられたらしい。選択肢がどんどん少なくなる中で、今月中にはなんとかしたい。がんばるゾーーー!!
チラシぐらいは作ってNYに戻ってきたい。
今回は戻る前に、ワンステップして、ハワイでシズノさんとのパフォーマンスが待っている。もう2年ブリのハワイ。A Liveのメインヴォーカルだったリアナに会えるかもしれない。
004.gifSwing MASA HP006.gifSwing MASA Osaka Jazz Womyns HP
[PR]

by swingmasa | 2010-01-21 04:16 | これから

浅川マキが逝ってしまったて!?うっそー!!!

 
d0056271_17301937.jpg

 思春期の頃から、好きでよく聞いてた。京大西部講堂に聞きにいってた。うるさい無神経なトランペットが浅川マキさんの歌を邪魔してて聞こえにくく、むかついて、トランペット辞めてもらえんかなと思いながら、聞きにいっていた。
 浅川マキを聞きにきたのに、なんであんなにトランペットが出しゃばるのか、腹が立った。あれはつぶしもいいとこだった。唄をかき消すような、邪魔してるようなトランペットだった。わざとしてた。そこがミソだったのかもしれないが、なんにもええと思えなかった。なんでいっしょにやってるのか、全くわからなかった。少なくとも、マキさんの歌をリスペクトしてると思える演奏ではなかった。
 しかし、それでも浅川マキの唄は良かった。好きだった。あのハスキーな声に憧れた。暗い唄が好きだった。
 当時は、CDではなくLP時代だった。何回も聞いて覚えてよく歌っていた。
彼女のバックバンドは、いつもすごいいいミュージシャンばっかりでうらやましい限りだった。
 92年頃だったか、東京で自分のコンサートやるときに、浅川マキに招待の手紙を出した事があった。
 今は亡き、ジャズ評論家の「油井正一」さんと、「大和明」さんにデモテープを送って批評してもらった内容をコンサートのチラシに載せていたので、「私の信頼する油井さんや大和さんが評価されてる人なら、さぞ、いい音出されるんでしょうね。当日はいけませんが、がんばってください」というような内容の返事の手紙をもらった事があった。とてもうれしかった。
 それから、何年もたって、私は、いつの間にか自分のやる音楽にしか興味がなくなってしまってた。
 そんなある年、たまたま日本にいて再び「浅川マキ」を聞きにいく機会に遭遇した。大阪でのライブだった。ドラムはセシルモンローだった。セシルモンローはずっと浅川マキのライブで決まって演奏するようで、彼はマキさんとの仕事をとても大事にしているようだった。というのは、一度ツアーに参加してもらった時、次のスケジュールをお願いしようとした時に、その頃は毎年浅川マキさんといっしょにやるので駄目だと断られた事があった。まだ正式に頼まれていないが、多分毎年同じ時期にやってるのでという事だった。
 ア、浅川マキは大事にされてるのだなと思いほっとしたのを覚えている。うらやましくもあったが。
 ピアノは渋谷毅だったと思う。このライブは良かった。
 相変わらず、昔と同じように、変わらぬマキさんがいて、とてもいいライブだった。いや、昔よりずっと私のステージって感じで、もう誰にも邪魔させないって感じが良かった。浅川マキを聞きにいってるファンとしては、昔より、ず〜っと納得のいくステージだった。歳の取り方もかわいくてこんな人と話してみたいなあと思わせるような魅力たっぷりの歌手だった。
 10代の頃に影響受けたミュージシャンや思想は、一生続く。
 何年経ってもいつ聞いてもやはり私の好きな日本人のジャズシンガー。
 それが、私には「浅川マキ」だった。

 でも、彼女はフェミニストの視点はあったのだろうか。いや女性解放もへったくれもなかったのではないかとも思われる。フェミニストだったら、あの男のミュージシャンたちとは多分うまくいかなかったように思うのだがどうだろう。ただ、彼女がボスだからみんな言う事聞いたのかな。
 彼女は音楽のこと、どの程度わかってたのだろうか。ーつまり、うまく歌えるという事ではなくて、理論とか、ピアノを少しぐらいは弾けたのかとかそういった事。少し気になる。
 何も知らなかったら、男のミュージシャンは、決まって、私の経験から言うとみんな馬鹿にしたり、ハラスメントしたりするので。
 今の時代じゃ、もう、歌がうまいだけではやっていけない。自分でコードぐらいは押さえれて、理論もわかってるぐらいで、自分のやる曲はアレンジも自分でして、バンドの楽譜も書けなくてはやっていけない、そんな時代だ。
 
 でも多分浅川マキは、そんなもの何も出来なかったのではないかと思う。でも要らないくらいすごい存在感と魅力のあるハスキーな声と歌のうまさがあった。だからあんな風になれたんだろうな。だって、浅川マキは誰にも似てないもの。もちろん、ビリーホリデーとかとも全然違う。
 私は日本人のジャズシンガーで、誰がいいかかと日本以外の国の人に聞かれたら、迷わず「浅川マキ」という。他にいない。
 ちゃんと日本で日本語でジャズをやってるただ一人の日本人ジャズシンガーだと思う。
 67才って早死にだなあ。

 忌野清志郎に続いて好きなミュージシャンがまた逝ってしまった。。。
 
d0056271_17255115.jpg
裏窓
[PR]

by swingmasa | 2010-01-18 17:26 | ひとりごと

又、左足捻挫/New York

これで、左足捻挫するの3回目だ。
今日までは、実に機嫌よく、ヨガ三昧の毎日だった。今日も、るんるんるんとヨガに行こうとアパートのビルを出た。そのビルの玄関の階段のところでぐねってしまった。
確か、去年の今頃もぎっくり腰でえらいことになっていた。風邪とぎっくり腰が一緒になり、咳をすると腰に響いてめちゃ痛かったのを覚えている。咳を止めるにも生理現象だし、苦しいし、かといって、ゴホンゴホンとやると腰におもいっきり響いてたまらなかった。
咳がこんなに体全体を使ってしているものだというのも初めて知ったし、人間はこんなに腰を使って咳をするんだという事を、本当に痛い痛いと言いながら、身を以て体験した出来事だった。
ま、でも、今年は、新年早々ヨガ三昧、健康管理ばっちりと思っていた。
 ところが、こんな落とし穴があるなんてトホホだ。
やっぱり、ヨガ毎日やって、少し足首も柔らかくなっていたから、そんなに痛くないわと思っていたら、夜にかけてだんだん痛くなってきた。
 明日は、ヨガを休むべきだろうか。足以外なら、ヨガできると思うのだが。
 取りあえず今日はそれでも、ヨガに行こうと出たところでこうなったので、そのまま、足引きずっていったのだが。。。それが悪かったかな。。。
 今日は、風呂入らんとこっと。。。
 どうか、明日は痛みましになってますように。。。
 
[PR]

by swingmasa | 2010-01-17 16:40 | My Dear Life

2010年だ!

2010年1月1日0:00頃の私の住んでいるハーレム123rsd Street &LenoxAve
d0056271_2334175.jpg

 また新しい年になった。今年はどんな年になるんだろう。去年の今頃は、もうどんな年にしようと決めていたが、7月のDon't Kill Concertが終わってからはもう自分の心の中は終わってた。
 それで、10月からは、いろんなことがあった。又ゆっくりアップする。書きためてあるので。

ところで、12月30日あたりから、急に掃除する意欲が盛り上がり、いままでした事の無い、大掃除を大展開し始めた。
 
 というのも、このアパートに1992年の7月に引っ越してきて、大掃除は一回もした事が無かった。つまり、下の方を掃除するのはいくらでもやってきたが、上の天井からはたいてゴミを落とし、ぜーんぶ掃除するという大掃除。1年程前、日本からぱたぱたやる「はたき」を100円ショップで買ってきてNew Yorkに持ち帰って以来、一回もその「はたき」の活躍する場を与えてないのだが、今回、年末ということもあって、ここに移り住んで18年間の今までのゴミをはらいおとしたいなあという気になった。思いはあってもなかなか仕事やなんかで実行には至らなかったが、今回ようやく、暮れも仕事は入ってないし、Now 's the Timeだぜと思い、やり始めた。
 そりゃ大変だった。一部屋ずつほこりが他の部屋にまわないように密閉し、マスクを書け、完全装備でやった。やりだすと又大変で、こんな大掛かりな掃除そんなに何回もできないなあというのが感想だ。それにやりだして、触らずにおればもう少しおさまってたのに、やったがために余計広がり、収集がつかなくなるんじゃないかとおもわれるひどい箇所も発見。
 30日朝から始め延々とやり続け、一晩寝て、31日大晦日もまた朝からやってもまだ終わらず、一応の区切り、まあここまでやりゃなんとか自分の気持ちもおさまるかというところまで漕ぎ着けたのは、元旦の朝、7時ごろだった。31日は朝からずーーっと掃除やり始め、寝ずに次に朝まで、掃除掃除掃除の年越しだった。24時間以上寝ずに掃除しまくった。何かに取り付かれてるように一心不乱にやりまくった。足疲れてイターイ。
 御陰様で、部屋の空気は以前より、おいしくなったように感じる。
 拭き掃除おもいっきしやった。
 そいでとてもいい気分で元旦ゴミで汚れた体をゆっくり風呂につかって落とし、とっても清々しい気持ちで寝正月に入る。
 ちょっと利き腕右手を使い過ぎ筋肉痛が出てきたが、この部屋にこんなに長い事住んでいるなんて、自分でもびっくりだ。一回ぐらい天井からの大掃除やったらんな厄がいっぱい染み付いていい気が回らなくなってたかもしれないな。
 ま、でもこれは2年に一回ぐらいでいいだろう。
 もうしんどい。嫌だ。終わったばっかりだからか。もうちょっと当分はようしんぞー!

 でも、ゴミたくさん出した。いらんもんようさん捨てた。いらん思い出も一緒に捨てた。
すきーっとした。もうもどってくんなよーってな感じだ。まだまだ捨てるもんありそうだな。
 
 これが終わったら、領収書整理、確定申告がガーンと待っている。
 
 今年も1年間未整理の領収書がわんさとたまってる。

今年も私、苦手な事は早くかたずけてがんばろうぜ!!!!!

 ということで、あけましておめでとうございます!!!
 旧年中は、どうもありがとうございました。
 今年もいろんなところで演奏活動展開して行きますので、どうぞよろしくお願いします。

スケジュールが確定したらまたアップしますので、どうぞまた聞きにいらしてくださーい!
d0056271_235391.jpg

[PR]

by swingmasa | 2010-01-01 08:52 | My Dear Life