「市民メディア」を耕す@あーねこーね塾 夏合宿 2010

2010/8/6~8/10
@あーねこーね塾(広島県尾道市瀬戸田町高根506)
★要予約
受講料:10000円/日(学生は5000円/日)*あーねこーね塾での宿泊付き
    5日間受講者は40000円 1日から申し込みOK 宿泊のみもOK(1泊2000円)
食費:2000円/日

講師:野崎清/放送と女性ネットワークin関西
   川上隆史/広島国際大学
   岩本太郎/フリーライター
   下之坊修子/映像発信てれれ
   坂上香/津田塾大学
   東琢磨/ヒロシマ平和映画祭
   Swing MASA/ミュージシャン
   山根美緒/京都市市立芸術大学

アクセス;新幹線「三原駅(広島)」下車三原港へ〜乗船〜瀬戸田港へ
「市民メディア」を耕す@あーねこーね塾夏合宿2010



Live 情報
[PR]

by swingmasa | 2010-07-29 10:11 | これから

ありがとうございました!

いのちのうた/Don't Kill Concert 2010

とにもかくにもお越しいただいた皆様! 又、当日自分が来れなくても、お友達に宣伝していただき応援してくださった方々,カンパをしてくださった方々!
本当に本当にありがとうございました。


皆様方の御陰をもちまして、事務方の情報によりますとチケットのもぎった数では1回目275人2回目245人。 開演してからも入場者がいたらしいですが、何人かは不明。300席のホールですから、ステージからは、ほぼ埋まっている感じに見えました。

昨日は、何もしませんでした。本当にゆっくり休ませてもらいました。

先日「深刻なSOS」メールを皆さんにお送りした時は、1回目は159枚、2回目は91枚でしたので、今回は赤字を覚悟せねばと感じていました。思いつく事は全部やってきましたし、指摘された事も体力の続く限り実行してきました。ただ、本当にチケットは、動かなかったので、あのメールを出さしていただいたのでした。

結果は、上記の通り、1回目は,舞台からはほぼ満席に見えましたし、2回目もよく似た感じに見えました。

SOSメール以降、いろんな方々から、ご支援の返信メールをいただき、励まされました。本当にありがとうございます。
少しずつチケットが動き出し、最後の3日間で更に☎予約が殺到しこの結果に至りました。

もう赤字は心配ないのではないかと楽観視していますが、「もぎりのチケット枚数と収入とは同じではないので」釘をさされていますので,冷静に受け止めようと思ってます。

しかし、まずはとにかく、皆様に「ありがとうございました」とお礼を言いたくてメールしました。

コンサート前日は,大変でした。いろんなこと全てがスムーズに行かず、私の運に鉛の重しをかけられてるのかと思うぐらいしんどかったです。例えば、プログラム印刷後、帰りにどしゃ降り(ホースで集中的に注がれてるようなすごい降り方)の雨に見舞われ,車からの出し入れの際にプログラムがずぶぬれになるのではないとと心配しました。(しかし、ゴミ袋を用意していただいて助かりました。)西村佳子さんを迎えにいく時間が大幅に遅れましたが、これもなんとか待っていただき、前夜祭に行く道中、会場に行くのに道に迷った人を誘導して遅れ、さあこれから演奏!キーボードの音を出してもらおうと思ったら、周辺機器を一式忘れ、取りに帰り、やっと演奏できるかなと思ったら、もう、時間があんまり残ってなくて、殆ど演奏出来ませんでした。

そして、この日のアンラッキーのとどめは、ベースの廣田さんの車が、私の家の前の川に脱輪したことでした。
これには、メンバー共々途方にくれました。彼女のあまりのダメージになんと言ったらいいか言葉を失いました。
動くに動けない、4人一緒に思考、行動が止まってしまいました。そして、ひたすらJAFを待ちました。時間にして夜11時ごろ。
ただ、廣田さんをおいて、先に宿泊先に行く気にはなれませんでしたので、自宅から椅子を持ってきてその脱輪した車を囲み,暖かいお茶を飲んで,夕飯の弁当を食べました。ただし、廣田さんはショックで食事をする気にもなれなかった程でした。
自分の家の前で、夜中に脱輪した車をみながら、一緒に弁当を食べるという体験は、Osaka Jazz Womynsの一生忘れられないお互いの思い出になりました。
 そうこうしているうちに、JAFのお兄さんが到着しました。彼がとても優しかったのでだいぶ癒され、さすがと思う方法で、見事車は道に乗り上げ、なんとか動きましたので又、みんなで移動し、12時すぎに宿泊所に付きました。

 この事件で、私たちバンドのメンバー4人はより一つに結束できたように思いますが、神様、次回は,もっとやわな方法でお試し下さるようお願いします。それと、神様、廣田さんの体調に支障が来ませんようくれぐれもお願いします。

こんないろんな事があって迎えた、7月17日でした。

演奏は、1回目と2回目少しだけプログラムを変えました。私自身は、2回目の方が、グルーブしたように思います。
2回とも見に来てくださった方も何人かいたようです。そして、サックスを始めた河南中学の吹奏楽部の同級生に再会しました。何年ぶりだったか。とてもストレスのある環境を振り切って、勇気を出してきてくださった友人もいました。

昨日,18日は一日休みましたので、ぼちぼち今日から今回の後片付けをしていこうと思います。
来年に向けての反省点は、いっぱいあります。


まだ、事務方との精算も終わってませんし、スタッフの方々とも終わってからの会もしていませんが、今、じわーと心底一息ついているところです。

とにかく、応援してくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。まずは、終えた気持ちの報告まで。

Swing MASA 2010/7/19 河南町自宅にて
[PR]

by swingmasa | 2010-07-22 01:28

いのちのうた/Don't Kill Concert 2010

2010/7/17 Sat.  1回目 開場1:30 開演2:00
       2回目 開場6:00 開演6:30
d0056271_1105339.jpg


今年のコンサート会場、「くすのきホール」は、大阪府南河内郡千早赤阪村、金剛・葛城山のふもとにある。
 私はこの地で生まれ、幼い頃からこの二つのよく似た山々を眺めながら育った。私の両親もこの地で育ち今でも健在、祖父母もその父母もこの地で生まれ育った。そしてその生涯は、この変わる事の無い山並みを眺めながらであっただろう。
 私は仕事柄色々なところで演奏する。よその美しい景色をみると感動はするが金剛・葛城山ほど私を癒してくれる風景は無い。「あーやっと帰ってきた」と心からほっとできる場所だ。
 子どもの頃、肥満児だった私は劣等感の固まりでいつも心は傷ついていた。おもしろいと感じることも少なく楽しい思い出もあまりない。しかし、河南中学校の吹奏楽部でSaxophoneを吹き始めた。これが私の始まりとなった。それからずーっと吹き続けた。そして、28才のときJazzをもっと吸収するためニューヨークに行き、ハーレムろに住み着いた。
 何年かたって、久しぶりに日本に帰ってきたとき、金剛・葛城山が大手を広げて自分を迎えてくれているように感じ、変わらぬ故郷の景色に涙した。
 今では、「あなたの職業は何ですか」と聞かれたら、「私はJazz Saxophone Playerです。」とちょっと恥じらいながらも言えるようになった。
 もう、誰が何と言おうと一生涯Saxophoneを吹き続けてやろうと思う。そんな原動力になる私のとっておきの故郷の風景がここにはある。私のどんなアナーキーなサウンドも、ここではしっくり自然の一部になれそうな気がする。
 去年から始めたこの7.17 Don't Kill Concertは、自分の誕生日を自分で祝うという催しでもある。これを私は10年続けてみようと思う。そして、自分の歴史を自分の生きた証として作っていこうと思う、還暦を目指して。
 田舎はいちいち面倒くさいが、都会暮らしの便利さに代え難い安らぎやくつろぎがある。それらの全てを私のJazzとともに皆様にお届けしたいものでもある。

今回は一日に二回の公演をさせていただきます。また当日の会場ではバザーや地元の特産品の即売会も予定しています。千早赤阪村は都会の息苦しさをリセットするには最適なところです。1日ではもったいないので是非一泊2日ぐらいの旅の計画をお立て下さい。
 都会と田舎、世代を超えて、故郷とJazz。。。。。
 是非私のふるさとにわたしのJazzを聞きにお越し下さい。
d0056271_5402.jpg

[PR]

by swingmasa | 2010-07-17 05:07

いつも眠たい

最近疲れ過ぎなのか、いつも眠たい。夜はぐっすり寝てる。
しかし、突然昼間や夕方に睡魔が襲い、怖い。今日も、心配だから、「眠眠打破」を飲んで運転した。
こういうものを飲みたくはないのだが、もし運転中に眠くなったら嫌なので取りあえず安全運転のため飲む。
車がもうしんどい。冷房が全く効かない。日中はサウナのようだ。これにも疲れる。たまにコンビニに入ると、オアシスのようにありがたい。
この車ももう潮時か。かなりがたが来てるのはわかっていたが、今日冷房の見積もりしてもらったら、いろんなとこが古くなっていて、取り替えねばならず、16万ぐらいかかると言われた。ショック。
16万もかけて乗り続ける価値があるかどうか。しばらく冷房なしでがんばるか。。。。いやめちゃしんどい。この何日間か暑すぎて、服がびっしょりなるほど汗かいた。
やはり,なんとか冷房変えようか。。。。。高いな。。。。。。
アーつら。。。。
[PR]

by swingmasa | 2010-07-02 01:45 | ひとりごと