<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

眠気ぶっとばせ!

d0056271_23184761.jpg

d0056271_23184849.jpg

眠眠打破飲んで帰ろう。本日の玄米おにぎり。評判よかった。筑前煮も評判よかった。
[PR]

by swingmasa | 2013-09-28 23:15

ライブの帰り

d0056271_2355392.jpg

ライブの帰り、チョット立ち止まり、車の中から見た風景。
一応、本日のライブ終了。来てくださるという知らせが、一人しかなかったので、今日のライブは、その人一人かなと心配したが、ちらほらきてくださってなんとか、ライブのテイをなした。久しぶりに聞きにきてくださった友達とも再会できて嬉しかった。広島の人もいた。有難い事だ。今日は、何時もきてくださってた方は、少なかったが、私は、私を聞きにきてくださる方同志お友達になってくださったら、なお嬉しい。あの場所がマダンみたいになってきたように思う。
猫町ギャラリーの山賀さんの影響もあるだろう。面白い場になってきた。
またやる。今度は、12月22日の日曜日の予定です。予定入れててください。(次の日休みだよ。)
[PR]

by swingmasa | 2013-09-28 22:50

風立ちぬ 感想2

 もう一つ重要な事、それは、大変大事な歴史的事実を隠蔽しているという事。いくら、その基になる原作になかったとしても、日本人としても歴史的事実のとらえ返として、関東大震災時に普通の民衆による朝鮮人虐殺があったということ。それは、忘れてなならない事だし、民衆史をとらえ返す上では、同じ事を二度と起こしてはならないために、見逃してはならない事だ。また、其のどさくさの中で大杉栄や、伊藤野枝も権力にとらえられ虐殺された。そういう重要な抜かしてはならない史実が、抜け落ち、全然ピンとこない中身の薄っぺらな、優秀な飛行機設計技師の人生とお金持ちの結核になったお嬢さんとの恋愛物語に終わってた。
 あのラストシーンに至るストーリーをもっと削ってでも、例えば、戦後、何年かたって主人公の堀越二郎が自分のしていた事が、戦争時の中で何になって使われていたのか、とらえ返すシーンがあってもいいと思う。あれでは、戦争に対する絶対的な否定観もなく、わざわざ、多額の費用をかけて作り上げる意味があったのかと思う。
 例えば、あれを見て、福島の原発事故でふるさとを追われた人は救われるかというとNOだ。
 あの事件をこの作品に置き換えるてみたら、よくわかる。原発開発技術者の擁護になりかねない。
 やっぱり、つまらなかった。
[PR]

by swingmasa | 2013-09-27 09:46 | 感想

風立ちぬ

 ユーミンのひこうき雲がテーマ曲だというので、期待して見に行った。かなり期待したので、風の谷のナウシカや、天空の城ラピュタを見たときのような、感動はもう得られない。
 とても長い物語だった。素朴ないい話なのかもしれない。
 でも、やはり、宮崎駿の作品は、やっぱり、ジェンダーが全然フリーじゃなくて、あれが男のおっさんの今の社会に対するメッセージの限界かなと感じた。
 とても長い話だったので、最後の字幕のときにひこうき雲が流れてきたときは、あーやっときたと感じ、待ってた感動はあったが、あの曲の持つ魅力程には、話の中身はなかったように思う。
 ひこうき雲は、あのストーリーの中身以上に魅力のある曲だと思う。
 とってつけたような突然ひこうき雲が流れる最後の字幕シーンだった。ひこうき雲の曲がいいので、あの作品がしまった感じがした。
 ひこうき雲は、私の高校時代の青春の曲だ。
[PR]

by swingmasa | 2013-09-27 00:11 | 感想

新しい長靴

イチジクの収穫で毎日はいていた長靴が穴空いてたので、新しい長靴を買った。長靴穴空くまで仕事として履いたの初めて!高い長靴ではなく、980円の安物だが、凄い嬉しい気分になった。
本日、早速履いてイチジク取り。やっぱし、当たり前だが、長靴、水が入って来ないの気持ちいいなぁ。
d0056271_15545812.jpg

[PR]

by swingmasa | 2013-09-17 15:47