風立ちぬ

 ユーミンのひこうき雲がテーマ曲だというので、期待して見に行った。かなり期待したので、風の谷のナウシカや、天空の城ラピュタを見たときのような、感動はもう得られない。
 とても長い物語だった。素朴ないい話なのかもしれない。
 でも、やはり、宮崎駿の作品は、やっぱり、ジェンダーが全然フリーじゃなくて、あれが男のおっさんの今の社会に対するメッセージの限界かなと感じた。
 とても長い話だったので、最後の字幕のときにひこうき雲が流れてきたときは、あーやっときたと感じ、待ってた感動はあったが、あの曲の持つ魅力程には、話の中身はなかったように思う。
 ひこうき雲は、あのストーリーの中身以上に魅力のある曲だと思う。
 とってつけたような突然ひこうき雲が流れる最後の字幕シーンだった。ひこうき雲の曲がいいので、あの作品がしまった感じがした。
 ひこうき雲は、私の高校時代の青春の曲だ。
[PR]

by swingmasa | 2013-09-27 00:11 | 感想